壁紙・クロスの張替え費用の相場|一軒家・マンション・部屋別に紹介

壁紙・クロスの張替え費用の相場|一軒家・マンション・部屋別に紹介

壁紙・クロスの張替え費用は、1平米あたりの単価から算出されます。とはいえ、部屋タイプや使用する壁紙のグレードによっても費用は上下するため、相場には幅が出てしまいます。

納得できる壁紙・クロスの張替えを行うためにも、どういった要素に費用が発生するのかを明らかにし、安くおさえるためのポイントを知っておきましょう。

壁紙・クロスの張替えの費用相場の基準

壁紙・クロスの張替え費用は、主に以下の3つから構成されます。

⦁ 施工面積
⦁ 部屋のタイプ
⦁ 壁紙の種類

壁紙・クロスの張替えの単位には「平米(または「㎡」:平方メートル)」が用いられ、1平米あたり800~1600円程かかるのが相場です。張替える壁紙を「スタンダードクロス」にするか「ハイグレードクロス」にするかで単価は変化します。壁紙・クロスの張替え費用を構成する3つの要素と、張替えに使用する壁紙については以下の見出しで詳しく解説しています。

また、壁紙・クロスの張替えを依頼する際にかかる費用の中には、上記で挙げた3つとは異なる費用が発生します。以下の表に費用相場と内容をまとめていますので参考にしてください。

主な項目費用の相場内容
養生費5000円壁紙・クロス張替え時に、作業箇所以外の場所に影響を与えないようビニール・シートを被せる作業
下地処理費2万~7万円下地にカビや穴、築年数の経過による劣化などが認められる場合に必要となる費用
家具移動費2000円/1点ピアノやタンスといった家具を移動する費用
廃材処理費2000円張替えで不要となった元の壁紙・クロスを処理する費用

これらの費用がかかるかどうかは、壁紙・クロスの張替えを行う業者によって変わります。なぜなら、1平米あたりの単価に「含めている業者」と「含めていない業者」があるからです。したがって依頼をする際には、事前に養生費・下地処理費・家具移動費・廃材処理費の4つが含まれているかどうかを確認した後で料金比較を行う必要があります。

一見安く見える業者でも、実際に壁紙・クロスの張替えをしてみると「下地にカビが発生していた」や、「築年数の経過により下地ごと張替える」といった理由で追加料金が取られることも少なくありません。とはいえ、下地に何らかの異常があるかどうかは素人では判断ができないため、業者に見てもらう必要があります。

湿気の多い地域にお住まいの方や、築年数が30年以上経過している家にお住まいの方は、事前にその旨を業者に伝えておくとよいでしょう。

施工面積

壁紙・クロスの張替え費用には、以下の2つの表記が存在します。一見すると同じ単位に見えますが、1平米・1mあたりの単価や、張替えを行う部屋の大きさによって最終的な見積金額が大きく変化します。

⦁ 平米単価
⦁ メートル単価

具体的にどのような違い出るのかを知りたい方のために、以下に例として「1500円/平米」、「1500円/m」の単価での費用をまとめました。

単位8平米のときの費用
平米単価
1500円/平米
1万2000円(1500円×8平米)
メートル単価
1500円/m
1万3200円(1500円×8m+1200円
→1200円=10㎝の単価(150円)×8m

このような違いが出てしまうのは、ロール状になっている壁紙・クロスの幅が「90㎝」であることに起因します。ロール状の壁紙・クロスの幅が90㎝ということは、「1m=0.9平米」になるため、8平米分の単価を算出するには、単価に8をかけた後、1mあたりの足りない面積(10㎝)に8をかけた80㎝分の費用を追加する必要があるのです。

基本的には「メートル単価」の方が安く見えるため、上記のような違いないかを数社で比較しながら決定することがポイントとなります。

部屋のタイプ

「部屋タイプ」も壁紙・クロスの張替え費用に影響を与えます。例えば、トイレなどは「作業スペースが狭い」や「防カビ壁紙」といった理由で割高になる場合があります。また、キッチンなどは「汚れ防止壁紙」や「不燃性壁紙」といった機能性の高い壁紙・クロスを選ぶ必要が出てくるため、費用が高くなるでしょう。

壁紙の種類

張替えに使用する壁紙・クロスには主に以下のふたつの種類があります。

⦁ スタンダードクロス
⦁ ハイグレードクロス

覚え方としては、スタンダードクロスが割安になり、ハイグレードクロスの方が割高になります。スタンダードクロスは割安とはいえ、住宅展示場などでよく目にする壁紙・クロスであり、一般住宅で主に使用されています。したがって、「スタンダードクロスだからダメ」といった安直な考え方をするのではなく、「なぜスタンダードクロスなのか」や、「なぜハイグレードクロスにした方がよいのか」といった視点で情報を収集していくことが重要となります。

スタンダードクロス

スタンダードクロスは一般住宅で主に使用される量産型クロスのことで、1平米あたりの単価は800円~1100円程度で落ち着くことがほとんどです。デザインは約70種類といわれ、白やベージュといった単色のデザインが基本となります。ハイグレードクロスに比べて品質はやや劣りますが、「吸放湿性に優れた壁紙」なども含まれている場合があるため、用途に合わせて選択しましょう。

ハイグレードクロス

ハイグレードクロスは文字通りハイクラスな壁紙・クロスのことです。スタンダードクロスに比べてデザイン・種類が豊富で、数百種類のリストから選ぶことができます。また、機能性にも優れており、「撥水加工が施された壁紙」や「消臭機能を持つ壁紙」などが用意されています。ただし1平米あたりの単価が1500円程度と割高になるため、トイレやキッチンといった「張替え範囲が狭い」かつ「高機能な壁紙が必要」な場所に採用するとよいでしょう。

【建物別】壁紙・クロスの張替え費用の相場

ここからは「建物別」で壁紙・クロスの張替え費用相場を見ていきます。今回比較する建物は以下のふたつです。

⦁ 戸建・一軒家
⦁ マンション

すべての部屋の壁と天井の壁紙・クロスを張替える場合、「2階部分の有無」や「天井が高い」といった理由で費用に差が出てしまいます。「戸建・一軒家」と「マンション」で同じ面積の張替えを行った場合、一般的には戸建・一軒家の方が割高になります。マンションは戸建・一軒家に比べて天井までの距離が短いため、同じ面積でも割安となります。

また、戸建・一軒家は「築年数が30年を超えている」といった理由から、下地の劣化が認められ、下地ごと張替える必要が出てくることもあります。下地の入れ替え等で発生する費用は「下地処理費」という項目で別途請求されることも多いため、事前に想定しておくことが重要です。

戸建・一軒家

一般的な戸建・一軒家の壁紙を張替える際の費用相場は以下のようになります。

一軒家の広さ必要なクロスの量クロスの種類費用例
80平米500平米スタンダードクロス
(900円/1平米)
45万円
ハイグレードクロス
(1500円/1平米)
75万円

戸建・一軒家の場合は、「天井までの高さ」や「2階部分の有無」などで必要な壁紙・クロスの量が変化します。平屋の戸建・一軒家の場合は上記表の金額よりも安くなると考えてよいでしょう。ハイグレードクロスを使用すると割高になるため、「部分的に使用する」といった方法で費用をおさえることができます。

マンション

一般的な戸建・一軒家の壁紙を張替える際の費用相場は以下のようになります。

マンションの広さ必要なクロスの量クロスの種類費用例
80平米360平米スタンダードクロス
(900円/1平米)
32万4000円
ハイグレードクロス
(1500円/1平米)
54万円

一般的なマンションの壁は天井までの距離が短いため、張替える面積も小さくなります。また、戸建・一軒家のように「生涯暮らすことを想定していないケース」も多いため、あえて家具や物をたくさん置いていないことも想定されます。家中の壁紙を張替えるとなれば移動する家具や荷物も増えるため、それだけ費用も高くなってしまうことが予想されますが、マンションの場合はあまり心配要らないでしょう。

【部屋・場所別】壁紙・クロスの張替え費用の相場

張り替える部屋によっても費用相場は変わる

先ほどの見出しでは、建物別ですべての壁紙・クロスを張替える場合の費用相場について説明しましたが、この見出しでは「部屋・場所別」で壁紙・クロスを張替える場合の相場を見ていきます。今回見ていく部屋タイプは以下の通りです。

⦁ 居室(リビング・寝室・和洋室)
⦁ キッチン
⦁ 玄関・廊下
⦁ 洗面・脱衣所
⦁ トイレ
⦁ 天井

キッチンやトイレ、洗面・脱衣所などは、機能性の高いハイグレードクロスを全面に使用するケースが多いため、費用が他の部屋タイプよりも高騰しやすくなります。他の部屋タイプと合わせて張替え依頼を行う場合は、居室をスタンダードクロスにし、高機能な壁紙が必要な部屋だけハイグレードクロスにする、といった工夫を行うと費用がおさえられます。

居室(リビング・寝室・和洋室)

リビング・寝室・和洋室の壁紙を張替える際の費用相場は以下になります。

居室の広さ必要なクロスの量クロスの種類費用例
6畳45平米スタンダードクロス4万500円
ハイグレードクロス6万7500円
8畳54平米スタンダードクロス4万8600円
ハイグレードクロス8万1000円
10畳64平米スタンダードクロス5万7600円
ハイグレードクロス9万6000円
12畳70平米スタンダードクロス6万3000円
ハイグレードクロス10万5000円

居室に使用する壁紙・クロスは多くの場合、スタンダードクロスになります。というのも、他の部屋タイプでハイグレードクロスを使うケースも多く、費用をおさえるためにスタンダードクロスを選択するケースが増えるからです。とはいえ、壁紙のデザインにこだわりたい方は全面ハイグレードクロスでの張替え費用例が参考になるでしょう。

キッチン

キッチンの壁紙を張替える際の費用相場は以下になります。

キッチンの広さ必要なクロスの量クロスの種類費用例
4.5畳39平米スタンダードクロス4.7万円
ハイグレードクロス6.2万円
5畳40平米スタンダードクロス4.8万円
ハイグレードクロス6.4万円
6畳42平米スタンダードクロス5万円
ハイグレードクロス6.8万円

キッチンの壁紙・クロス張替えでは、限られたスペースで作業を行うことを余儀なくされるため、人件費が高くなることが想定されます。作業のしづらさや、張替えに求められる技術などを考慮すると妥当な費用相場といえるでしょう。またキッチンで張替える壁紙・クロスには、「不燃性」や「汚れ防止」、「消臭」といった機能性の高いハイグレードクロスが使用されるため、広さに対して割高になります。

玄関・廊下

玄関・廊下の壁紙を張替える際の費用相場は以下になります。

玄関・廊下の広さ必要なクロスの量クロスの種類費用例
6畳42平米スタンダードクロス5万円
ハイグレードクロス7万円

玄関・廊下の壁紙・クロスには「キズ」や「汚れ」、「湿気」などに強い壁紙・クロスを使用する場合も多いため、ハイグレードクロスでの張替え費用を想定しておくとよいでしょう。スタンダードクロスでも十分な効果を発揮する種類もあるため、事前の確認が必須です。

洗面・脱衣所

洗面・脱衣所の壁紙を張替える際の費用相場は以下になります。

洗面・脱衣所の広さ必要なクロスの量クロスの種類費用例
2.5畳スタンダードクロス4万円
ハイグレードクロス4万5000円

一般的な洗面・脱衣所の壁紙・クロスの張替え費用相場は、4万円~4万5000円となります。他の部屋タイプに比べて「作業スペースが狭い」といった理由から割高になっています。また使用する壁紙・クロスには「防カビ機能」や「防水・撥水機能」などが備わっている必要があるため、ハイグレードクロスでの依頼になるケースが多いと覚えておきましょう。

トイレ

トイレの壁紙を張替える際の費用相場は以下になります。

トイレの広さ必要なクロスの量クロスの種類費用例
1畳スタンダードクロス3万円
ハイグレードクロス4万5000円

トイレの広さは約1畳と狭いですが、「作業スペースが少ないこと」や、「作業スタッフ1名あたりの人件費がかかる」といった理由で費用が割高になります。他の部屋と同じタイミングで張替えを依頼することで人件費をおさえることができますが、他の部屋分の張替え費用が上乗せになるため、必要性を十分に考えた上で実施しましょう。

天井

天井の壁紙を張替える際の費用相場は以下になります。

天井の広さ必要なクロスの量クロスの種類費用例
6畳スタンダードクロス5万円
ハイグレードクロス7万円

「雨漏り」や「変色」といった理由で、天井の壁紙の張替えを行う場合、かかる費用は上記表のようになります。天井の壁紙を張替える場合は上記の費用で問題ありませんが、天井そのものを張替える必要があった場合は追加で費用が発生します。

壁紙・クロスの張替えのポイント

ここからは壁紙・クロスの張替えのポイントについて紹介していきます。

⦁ 壁紙を張替える時期の目安
⦁ リフォームが必要な箇所がないかも確認
⦁ 見積もりを確認してから施工
⦁ 施工経験が豊富な会社へ依頼

壁紙・クロスの張替えとは言うものの、リフォームの1つに変わりありません。したがって、「壁紙・クロスの張替え」以外にもリフォームの必要がある場所がないか事前に調べておきましょう。壁紙・クロスの張替えと同時に依頼することで、施工費用をおさえることが期待できます。

壁紙を張替える時期の目安

壁紙・クロスを張替える時期は約10年といわれます。しかし各家庭によって壁紙・クロスの劣化スピードには違いがあり、部屋タイプによっても違いが出てしまします。したがって、壁紙・クロスを張替える時期は「汚れや劣化が目立った時」となります。

他にもマンションの売却を検討している方などは、マンション売却前に最低限の張替えを行っておき、綺麗な状態で内覧ができるような状態にしておくのがポイントです。

リフォームが必要な箇所がないかも確認

壁紙・クロスを張替える際には、他の箇所のリフォームも一緒に行う必要がないか検討しましょう。特に窓枠や照明、ドアといった壁紙以外の箇所の汚れ・劣化が目立ってしまうため、同時にリフォームを依頼するのが人件費をおさえることにもつながります。

見積もりを確認してから施工

施工を依頼する際には必ず見積もりを行いましょう。なぜなら、壁紙・クロスの費用には「工事費」が含まれていないことが多く、人件費や諸経費が合算された額が請求されてしまうからです。Webサイトなどで工事費が込みになっている料金で提示している業者もありますが、実際にかかる料金に不安がある方は問い合わせてみるのがよいでしょう。

施工経験が豊富な会社へ依頼

壁紙・クロスの張替えはそう多く経験するものではありません。したがって、経験が浅い依頼主に対して、施工不良や注意点などを十分に説明しないままリフォームを行ってしまうケースもあるでしょう。そのような場合に考えられるのが、「完成イメージにズレが出てしまう」ということです。

せっかく高い費用で依頼した壁紙・クロスの張替えで失敗しないためにも、施工経験が豊富な業者へと依頼することがポイントとなってきます。ログリノベでは、施工経験の少ない依頼主に対して、「無理のない費用」かつ「ムダのないリノベーション」を提供しています。また、自社だけでリフォームの全工程を行う業者だからこそのアフターフォロー体制も整っています。

「仕上がりの状態に満足できなかったらどうしよう」といった悩みを抱えている方は、一度ログリノベに相談してみてはいかがでしょうか。

壁紙・クロスの張替え時の注意点

壁紙・クロスの張替え時には主に以下のような注意点があります。

⦁ 賃貸の壁紙の張替えは「賃貸借契約書」を確認
⦁ DIYでの壁紙の張替えは費用が高くつくこともある

ここまで紹介した壁紙・クロスの張替えの費用相場や、張替え時のポイントは「購入後の物件」が対象となっています。賃貸物件に住んでいる方は壁紙・クロスの張替えを行ってもよいかどうかが記入されている「賃貸借契約書」を確認する必要があります。多くの場合、物件オーナーの許可を取る必要があるため、まずは不動産会社に問い合わせてみるのがよいでしょう。

賃貸の壁紙の張替えは「賃貸借契約書」を確認

賃貸借契約書とは、マンションなどの賃貸契約を結んだ際に受領する書類で、契約期間や契約内容が記載された契約書になります。賃貸借契約書の中には「修繕」に関するルールが記載されていますが、壁紙・クロスの張替えが可能かどうか、また修繕費はすべて自己負担なのか、といった項目をチェックする必要があります。詳細な記載がない場合は施工前に不動産会社へ問い合わせましょう。

DIYでの壁紙の張替えは費用が高くつくこともある

壁紙・クロスの張替え作業はDIYでも実施可能ですが、壁紙・クロスを貼る前の下地処理に時間がかかったり、壁紙・クロスを貼った際にシワが出来てしまったりと、様々な失敗が起こります。失敗した後に業者に依頼すると、「DIYにかけた費用」とは別に「施工費用」が発生するため、かえって高くつくこともあるのです。作業の手間などを考慮して、はじめから業者に依頼しておくと安心かもしれません。

壁紙・クロスの張替え費用を安くおさえるコツ

壁紙・クロスの張替え費用を安くおさえるには、「ハイグレードクロスを部分的に使用する」や、「他のリフォームと同時に行う」といった方法を選択するとよいでしょう。先述したように、DIYによって安く済ませることができますが、失敗してしまうリスクを想定すると、施工のプロである業者に依頼しておくのが無難です。

施工費用を安くおさえたい気持ちは、壁紙・クロスの張替えを行う業者も同じように認識しているため、「どういった方法で費用をおさえることができるのか?」といった相談をしてみるのもよいのではないでしょうか。

まとめ

壁紙・クロスの張替え費用は主に1平米あたりの単価で決定されますが、部屋タイプなどによって使用する壁紙のグレードや工事費に違いが出てきます。はじめの見積もり金額と実際の施工費用に差が出ないためにも、どういった箇所に追加料金が発生する可能性があるのか?をハッキリさせておくことが重要です。

また壁紙・クロスの張替えは、賃貸物件だと禁止されているケースもあります。事前に賃貸借契約書を確認し、張替えが可能な物件かどうかを調べて見積もりを行いましょう。

公開日 2021年6月1日
更新日 2021年7月12日

LogRenoveをフォローする

販売中のおすすめリノベ物件